脱毛と色素沈着のリスクについて

脱毛サロンで脱毛をすることにより火傷(やけど)のリスクが高まります。

脱毛サロンの光脱毛は熱を使う脱毛方法です。そのため、高い熱量を使うと火傷が起こる危険性が上がります。特に細い毛を脱毛したい場合は、高い熱量でないとなかなか効果が出にくいので、必然的に火傷のリスクが上がります。

これらのリスクを防止するには、脱毛後は保湿をしっかりと行いましょう。

お肌の水分量が不足していると、お肌の保湿機能を守るバリア機能が弱くなり、火傷の可能性が上がります。脱毛サロンで施術している間はしっかりと保湿を行いましょう。

また、色素沈着のリスクですが、脱毛で火傷(やけど)をする、また火傷(やけど)までいかなくても軽い炎症を起こすと、そこが治る時にメラニン色素が過剰に生成され、お肌が黒くくすんでしまうことがあります。色素沈着になるとお肌のターンオーバーによりお肌の再生(生まれ変わり)をたよりに治していかなくてはいけないので、完全に完治するのに時間がかかります

色素沈着を防ぐための解決策は、赤みが出ている間は日に当たらないようにすることが一番です。

赤みが出ている時に日に当たると、メラニン色素が異常に発生してしまうからです。赤みが出ている間はその患部は日に当てない様にしましょう。

↓↓↓【Web限定】ラットタット(rattat)の全身50部位脱毛初月0円はこちらから↓↓↓

ひまわり証券でFXを